ミステリー

ミステリー

最近、好きなドラマがあります。ミステリーモノです。

NHKの「探偵Xからの挑戦状!」 です。
通勤の行き帰りに読んでいます。
これは、ケータイ小説とテレビが連動していて、

さらに謎解きに参加できる仕組みになっています。
説明が大変なので、詳しくは
http://www.nhk.or.jp/tanteix/top.html

それと。
つい最近、新しい飲料をためしてみました。
「SOYSH(ソイッシュ)」です。
ボトルデザインは凝ってますが、開けたあとc、ちょびっとゴミが出るのが面倒すjim
豆乳の炭酸なんですけど、 ふつうの豆乳より飲みやすくて、なかなか良いです。
甘くないのがいいのかも。でもまた買うかといわれると。。うーん どうなんでしょう。
¥120で量少なすぎ? 

00

岡本太郎さんぽ

東京国立近代美術館で岡本太郎展が行われています。
せっかくなので「とことん岡本太郎!!」をテーマに掲げ、 関連の美術館をはしごしてみました。  

川崎市岡本太郎美術館は、のどかで広々とした公園にあります。
岡本太郎は川崎市生まれだそうで、川崎にたくさんの作品を寄付しているそうです。
美術館の外の「母の塔」はかなり大きくて迫力ありました!
110320_133208

 

そして、こちらは青山にある岡本太郎記念館。 アトリエとして使っていたらしく、生前の姿が偲ばれます。 110320_153923

ニコニコ顔の「午後の日」という作品、かわいらしいです。 110320_1549541

また、パブリックアートに積極的だった岡本太郎の作品は街のあちこ
ちにあります。

これは、こどもの城青山劇場の前にある作品です。 110320_165300
その他にも渋谷駅や、数寄屋橋などいろんなところにあるみたいですよ〜 (す)

26日後のいま思うこと。

まず最初に、3月11日(金)に発生した、三陸沖を震源とする東日本大震災により、

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

被災された皆様とそのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。

あの日、地震発生時。

私は会社がある恵比寿の、いつもの喫茶店にいました。

最初は「地震かな。揺れてるよね」ぐらいにしか思わず、読書を続けていましたが、

その揺れは止まる気配がなく、それどころか次第に大きくなっていきました。

あまりに強くなってきたので、喫茶店のスタッフが慌てて私たち客に、

テーブルの下に潜るようにと声を張り上げました。

今になってみれば当たり前ですが、あれほど大きな地震は、過去に経験がありません。

ただその時は、「とりあえず会社に戻るか」程度の気持ちしかなく、正直それほど怖いと思いませんでした。

しかしその後、会社のラジオやネットで被災地の状況がわかるにつれて、文字通り愕然としました。

被災地の状況は、私の想像を遙かに超えていました。

東日本大震災から、早くも26日が過ぎようとしています。

その間に、震災関連のことはもちろん、原発にまつわる様々なことなど、

本当に恐ろしいほどたくさんの情報と、それを裏付けたり覆したりする事実が、私たちには与えられました。

どれひとつとっても、一個人が容易に判断できるものではありませんが、

ただひとつわかったことがあります。

あの時恐いと感じなかったのは、肝が据わっているとか、そういうことではなかったということ。

ただ単に、平和な毎日に慣れすぎていて、危機に対する感覚が麻痺していただけだと思います。

いま被災地の方達が乗り越えようとしている試練は、

いつか自分自身が乗り越えなければならない試練かもしれない。

平和ボケしている場合じゃない。

今は、ただそう思います。

(え)

ページTOP