ヒグま日記

初めての寄席

新宿の末廣亭に行ってきました。
新宿にはたまに買い物に来ますが、こんな素敵な建物があるとは知らず、ついたそばから写真を撮りまくり、
なかなか来ない友達を待てずに小さな窓口でチケットを購入しました。
webDSC02140

入り口の張り紙に、おじさんがマーカーで何かを記入していました。

webDSC02142

お目当ての一之輔さんが代演…代演の数すごい…ase_ase
でもこういうことがあるのは知っていたのですぐに気を取り直しました。

私の落語デビューは今年の夏、一之輔さんの池上本門寺落語でした。
それから社長木下からチケットをもらって落語を聴くようになり、自分もやってみたいなと思って、11月に豊島公会堂で猫の小咄を披露しました。友達はそこで会った人で、落語がとっても上手です。

webDSC02156

風情のあるパンフレットをもらってわくわくの入場。
まだまばらでしたが小学生からお年寄りまで、年齢層さまざまなお客さんが来ていました。

若い女の人が口に咥えた棒の先に茶碗を立てていく五階茶碗では「おぉ」という感嘆の声がひっきりなし、
テレビで見たことのあるハンカチがどんどん出てくる手品も
生で見るとやっぱりタネがわからないので楽しい。

落語はコンパクトな会場のせいか、親戚のおもしろいおじさんがしゃべっているような気になって、
すごくリラックスして聴いていました。
落語に漫才にピアニカ漫談に奇術、曲芸と飽きることなく様々な芸が見られて楽しい時間でしたoowarai

昼の部は4時半頃に終了し、外に出るとぼんぼりに明かりがついていてまたいい感じ。

webDSC02150

今度は一日中いようかな、と思う居心地のいい場所でした。

DSC02153

(サ)te

ページTOP