パンフレットを手にとってもらうには

情報が溢れている今、会社案内や営業パンフレットをじっくり読んでもらうことは難しくなっています。忙しい現代社会で「読んでもらえる」パンフレットを作成するには、ちょっとした工夫が必要です。まずはパンフレットを「手にとってもらう」ことからスタートしましょう。

「思わず手にとりたくなる」工夫を

「思わず手にとりたくなる」工夫を

よくあるのが、表紙に会社名や商品名、商品写真などを入れ、中身で商品の良さを謳い、使用者の声やプレゼントキャンペーン、会社情報などを掲載したパンフレットです。商品を知ってもらうには良いパターンかもしれませんが、多くの人に広めたいのであれば、まず「手にとってもらう」というスタート地点が重要になってきます。

パンフレットの目的は、まず見てもらうことから始まり、興味を惹かせてページをめくらせ、最後にアクションを起こしてもらう、という訴求ルートになります。いくら内容が充実したパンフレットを作成しても、まずは手にとって見てもらわなければ何も始まりません。

表紙にすべてをわかりやすく詰め込んでしまい、実際には中身を読んでもらえないというのも意味がありません。
「手にとらせる仕掛け」「読んでもらう仕掛け」「アクションを起こさせる仕掛け」といった要素を盛り込み、効果のあるパンフレットを作成しましょう。

意外と見落としがちな「配布場所」

「思わず手にとりたくなる」工夫を

パンフレットをなかなか手にとってもらえない場合は、「配布場所」を見直してみることも必要です。例えば女性向けのパンフレットであれば、単に人が多く通る場所よりも女性が多く通る場所、女性が集まりやすい場所を選びます。それは時間帯によっても変わってきますので、ターゲットが多い時間帯を選ぶことも重要です。

パンフレットの作成を行うときにターゲットを絞り込んでいなければ、配布場所を絞り込むこともできず、効果の薄いパンフレットになりかねません。誰を対象にしているのかが曖昧では、誰にも手にとってもらえない可能性があります。

パンフレット作成の段階からターゲットを明確にしておきましょう。商品のターゲット層の中から、さらに年齢や性別、子供の有無などでターゲットを絞り込み、配布場所や時間帯を選定するとより効果的です。

ヒグジムでは、クライアントのブランド戦略に基づいたデザインで「心に響く」「もっと読まれる」パンフレット作りをお手伝いさせていただきます。当サイトでは、工務店ハウスメーカーインテリアメーカーリフォーム会社のパンフレット制作実績をご紹介しております。女性向けのパンフレット作成なら、ヒグジムにぜひお任せください。

ページTOP