企業ブランディングの戦略について

企業ブランディングは、イメージ戦略やプロモーションの積み重ねによって生まれ、商品・サービスの付加価値として効果を発揮します。会社案内から雜誌広告、フライヤーに至るまで、すべてが企業ブランディングに繋がる要素であることを意識し、一貫性を持たせて制作することが重要です。

パンフレット

パンフレット

パンフレットは、ホームページやロゴマークと同様に、企業ブランディング構築に貢献する最重要ツールであり、人材採用、CSR、商談ツールなど様々な用途の企業PRを支えるだけに、その作成には確かな戦略が不可欠です。

企業ブランドを踏襲したデザイン、コンテンツ、印刷、加工に至るまであらゆる要素が企業の独自性を打ち出し、価値を高めることに繋がります。

フライヤー

フライヤーは消費者の日常生活で身近な存在にあり、安定した経営に繋がる重要な販促ツールとして活用されます。ブランディング効果を生み出す要素となるのは、フライヤーの内容(文字の大きさ・キャッチコピー・カラーなど)、配布エリア、そしてデザインです。戦略的なデザインで企業イメージを表現しながら、膨大な情報を整理し、コンセプトによる差別化を図ることが重要です。

雑誌広告

不特定多数を対象に発信される新聞やテレビとは異なり、読者の意思をもって購入される雑誌は、一定の読者層へ向けて継続的に情報を発信できるという利点があります。メディアの性格上、シリーズ化やストーリー性をもたせるなどの多様な手法でブランド効果を高めることも可能です。企業ブランディングはイメージの蓄積によって形成されるため、企業からのメッセージを継続して発信できる雜誌には高い価値があるといえます。

フリーペーパー

フリーペーパー

読者の様々なライフスタイルに合わせて発行されるフリーペーパーは、最新ニュースからお得な情報まで無料で入手できる媒体であり、確かな企業ブランディング戦略により多くの顧客獲得が期待できます。

ブランディング効果が得られる情報発信媒体として、積極的に活用しましょう。

会社案内・パンフレット・フリーペーパーなど各種広告媒体の制作は、ヒグジムにお任せください。お客様の事業戦略をお伺いし、企画・編集・デザインを通して企業ブランディング戦略をご提案します。工務店リフォーム会社における女性目線のパンフレット制作、教材カタログ作成、オリジナルキャラクター制作など、積み重ねてきた確かな実績があります。その他実績をホームページに掲載しておりますので、ご覧いただければ幸いです。

ページTOP