企業ブランディングとは

モノが溢れている現代においては、数ある商品・サービスの中から自社の商品を選んでもらう必要があります。そのため、マーケティング戦略のひとつである「企業ブランディング」が、ますます重要性を帯びています。日々、多様な価値観・ニーズが生まれ、モノが溢れる時代だからこそ、企業ブランディングの重要性について今一度理解する必要があります。

そもそも企業ブランディングとは

そもそも企業ブランディングとは

企業ブランディングとは、消費者に自社の商品やサービスを「価値がある」と認識させ、市場で優位なポジションを確立する活動です。例えば、可愛らしい企業キャラクターを活用した宣伝も、消費者の心理に訴えかけるブランディングのひとつです。ブランディングと聞くと「高級ブランド」などをイメージする方がいらっしゃいますが、これは決して高級ブランドに限ったことではありません。普段、私たちが目にする商品のほとんどにはブランディングの効果が現れており、無意識のうちに私たちを消費行動へ走らせています。特に意図せずともブランディングの効果は現れるといえますが、ブランディングを意図して上手く展開できれば、より消費者の支持を得ることができ、企業の利益に繋がります。

なぜ企業ブランディングが重要なのか

なぜ企業ブランディングが重要なのか

これまでは、商品・サービスの差別化こそが企業の喫緊の課題とされていましたが、市場のコモディティ化が進行する今、企業ブランディングが需要視されています。

企業ブランディングが重要視される理由は、他社と差をつけるためであり、長期的な利益を生み出すためです。先述の通り、企業ブランディングは消費者に自社の商品・サービスを「価値があるもの」と認識させ、市場での立場を有利にするものです。

ブランディングを成功させ、消費者と上手く信頼関係を構築できれば、将来的にはロイヤルカスタマーとなって会社に利益をもたらすかもしれません。このように、企業ブランディングは多大な可能性を秘めたマーケティング戦略なのです。

ヒグジムでは、企業ブランディングについてのトータルな戦略づくりから、パンフレットや広告、フリーペーパーの作成を行っております。パンフレットの作成は、工務店リフォーム会社、インテリアメーカーなど業界を問わず承っておりますので、お気軽にお申しつけください。女性目線から生み出されるクリエイティブな作品がヒグジムの強みですが、クライアントのニーズにお応えすることを第一に優先し、満足をお届けいたします。

ページTOP