選ばれるパンフレットにするには

旅行パンフレットや商品カタログは、情報発信のツールとして多くの企業が活用しています。一方で、より多くの方に読んでもらうためには、まずは「選んでもらうこと」が大切となります。では、選ばれるパンフレットやカタログを作成するには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

表紙の第一印象

表紙の第一印象

パンフレットやカタログを選ぶにあたって何を重視するかは人それぞれですが、インパクトがある表紙は見る者を惹きつける効果があります。そのため「表紙の第一印象」は、選んでもらうための第一段階、そして最終段階において非常に重要です。

例えば、同じラックにいくつかのパンフレットやカタログが並んでいるとき、最初に手に取るのは第一印象が良いパンフレットやカタログ、すなわち「自分好みのデザインであるパンフレットやカタログ」です。

同じく、複数のパンフレットやカタログを吟味した後、最終的に購入の決め手となるのは「第一印象が良かったパンフレットやカタログ」です。このように、表紙の第一印象は消費者の行動を大きく左右します。

情報量だけにこだわり過ぎない

豊富な情報が掲載されているパンフレットやカタログは非常に魅力的ですが、量が多ければ良いというわけではありません。そもそも、パンフレットやカタログを手に取る目的は「情報を得るため」です。そのため、いくら情報が多くても、それが明確に伝わらなければパンフレットやカタログとしての意味を成しません。作成時には、情報量はもちろん、写真やデザインなどあらゆる工夫をこなして「見やすさ」「分かりやすさ」にもこだわり、読み手の気持ちを考えながら作成する必要があります。

ワクワクさせる情報の掲載

ワクワクさせる情報の掲載

通常、パンフレットを選ぶにあたっては複数の候補の中から中身を確認して、どれを購入するか決定します。そのため、見る者をワクワクさせるような情報を多く掲載することが、選ばれるパンフレットの第一条件といえます。

例えば、旅行ガイドブックは「旅行をより楽しむため」に購入するものであるため、行く前からワクワクさせるような情報を掲載することで、消費者の購買意欲にアプローチすることができます。こうした小さな工夫こそが、消費者に選んでもらえるガイドブックとなるのです。

パンフレットの作成をプロに依頼したいとお考えの方は、ぜひヒグジムへご相談ください。これまでヒグジムでは、数多くの”手に取りたくなる””捨てられない”パンフレットを手掛けてきました。女性スタッフが多いため、かわいいデザインや癒し系デザインなど、女性向けのデザインを得意としております。JR恵比寿駅から徒歩10分程となっておりますので、渋谷区周辺からのアクセスも容易です。パンフレット、ガイドブック、フリーペーパー、広告の作成のことなら、ぜひヒグジムへご相談ください。

ページTOP