会社案内を作成するときのポイント

会社案内パンフレットは、自社を宣伝する際の大切なツールです。ここでは、様々な業種の会社案内をデザインし手がけているヒグジムが、「会社案内を作成するときのポイント」をご紹介しますので、ご参考にしていただければ幸いです。

コンセプトを明確に

コンセプトを明確に

会社案内をどのような目的で使うのかにより、ターゲットとする対象が決まります。

顧客に対しての会社案内用パンフレットであるのか、取引先業者に向けての会社案内用パンフレットであるのか、人材募集をかける際の会社案内用パンフレットであるのかにより、作成する会社案内用パンフレットの内容やデザインは異なります。

コンセプトに合ったデザイン

コンセプトが明確になれば、ターゲットに合わせたデザインが行えます。コンセプトに合ったデザインにすることで、見ている側にとってわかりやすい会社案内になるだけでなく、心に響く会社案内にすることが可能です。会社案内は、自社を紹介するための大切なものです。自社らしさを表現できるデザインにしましょう。

会社案内に必要な情報を漏らさず記載

会社案内には会社を知ってもらうために、以下のような様々な情報を載せます。

▪ 会社概要

住所・資本金・代表者名・社員数・設立年などを記載します。

▪ 企業理念・代表挨拶

企業として大切にしている理念や姿勢を記載します。代表からの挨拶も載せ、これからの展望なども載せると良いでしょう。

▪ 業務内容

自社で行っている業務の詳細を記載します。扱っている業種・サービス・商品などを記載し紹介します。

手にとりたくなるデザイン

手にとりたくなるデザイン

会社案内用パンフレットは、その配布の仕方によっても変わりますが、「手にとって見てもらう」ことが大切です。手にとって読んでみようと思わせるデザインがポイントです。

ヒグジムでは、工務店ハウスメーカーインテリアメーカーリフォーム会社などの「お客様向け会社案内」「業者向け会社案内」「採用者向け会社案内」などのパンフレットを製作しております。女性スタッフが多いため女性向けのかわいいデザインや癒し系のデザイン、おしゃれなデザインに定評があります。クライアントのニーズに応えられるよう尽力いたしますので、会社案内の作成をお考えならヒグジムにお任せください。

ページTOP