『とにかくかわいいデザインカレッジ』開講しました

『とにかくかわいいデザインカレッジ』開講しました

logo

学んで実践できるかわいいデザイン大辞典。
女性目線の、心をつかむデザインづくり、教えます。

というわけで、人知れずヒグジムはこんなHPをオープンしましたoowarai

ヒグジムのお仕事も紹介させていただきますが、
全国津々浦々の、かわいいもの(と、たまに美味しいもの?)をひたすら紹介していくページです。

かわいいデザインでお悩みの方にとって、「なるほど〜」と勉強になったり、
かわいいものがお好きな方にとっては楽しんでもらえるページになればと思います。

Facebookページもあるので、いいね!をしてもらえると、お手軽かもしれません。
おかげさまで一週間で150いいね!皆様、本当にありがとうございます。(べこり)

ヒグまはよく季節外れの冬眠をしてしまうのですが、
今回ばかりは、なるべく冬眠しないように頑張りますkihonjim

te(シ)

東京都現代美術館の「ガブリエル・オロスコ展」と「未見の星座」を見に行ってきました。

suika

これはオロスコの写真です。
何気ない日常からみつけた、はっとするような風景や、ちょっと手を加えたものを撮っています。
例えばピアノに吹きかけた息を撮った「ピアノ上の息」など、
タイトルと合わせて見ると、着眼点が分かってさらに面白いです。
生まれたてのピンクの小鳥が巣で鳴いている写真に、

「ビッグバン」というタイトルが付いているのが好きでした。

image (1)

これは国内外いろいろな所から集めた土で描いた泥絵です。

image (2)

部屋中に小さな動物や植物がみっちり描かれていて、じっくり見ていたくなります。
会期中に随時公開制作をするそうです。

他には、色とりどりのリボンに川の夕景を投影させた「Dress」という作品が素敵でした。
暗い部屋の中、水が揺れるリズムでリボンがキラキラしているんです。
これは癒されたいときにおすすすめですkihon

(サ)te

グルメな思い出。

私は2年前から中野区に住んでおりまして。
とうとう明日、愛する中野からお引っ越しをすることになりました。

中野から出たくないな。
でもお引っ越しは楽しみだな。
でも中野、本当に楽しかったな。
おいしすぎるお店たくさんあったな。

大好きな中野の思い出を振り返ってみると、
あれ?おいしすぎるお店ばっかり思い出される。
ほんとに食いしん坊&飲んべえでごめんなさい。。。

というわけで、中野から引っ越してもわざわざ中野まで行きたくなる、
そんな私の大好きなお店を5件紹介してみたいと思います。

①Tsuiteru!和

熟成肉を和テイストにアレンジしたお店。
このお店のすごいところは、ありえないコスパの良さ。
おそらく世の中の熟成肉のお店に行ったら、1人6000円〜というのが相場だと思うんですが、
私、ここで1人4000円を越えた事無いです。
だからってクオリティが下がるわけじゃなく。

10653292_593855854057014_5401190239463789183_n

で、ここはワインの種類も豊富だけれど、日本酒もかなり揃っているんです。
店員さんに日本酒がとても詳しい方がいて、
相談すると、この料理ならこれ!というのも選んで下さるし、しかも60ml380円ととっても優しい価格。
安心していろんな日本酒が試せちゃう。

10930101_660247537417845_4695128768049174840_n
ちなみに、これは昨晩飲んだやつ。

和ビストロだから、他ではなかなか食べられなさそうなメニューもあって、
飲んで食べて、おなかいっぱい楽しめます。

そんなわけで、Tsuiteru!和から帰る夜は、
どうやって帰ったか覚えてないのはココダケの話。

②マグロマート

今度はお魚。
その名の通り、マグロとまぐろと鮪のお店。
ここも半端なくコスパが良いのです。

絶対食べるべきは「マグロ箱」 
確か5〜6種類のメバチマグロの刺盛りで、一緒にミニ七輪的なのがついてくるのです。
ふむふむ、これで焼け、ってことね。
油がほどよく溶けてとろーんとしたら頃合い。
ほっぺたが落ちます・・・!

他にもこれでもか!ってくらいのマグロメニューなので、
ただひたすらマグロを食らいたい!という人にはおすすめ。

image1
マグロのかぶりものもあって、私はこれで遊び倒しました。
知らない人たちに写真撮ってもらえて楽しかったです。 
IMG_2945

③浅見製麺所

今度は趣を変えて、お蕎麦屋さん。
ここは、昼は製麺所、夜は蕎麦BARをやっているのです。

駅からちょっと離れているけど、いつも満席。
私が大好き過ぎるので、本当に教えたくないけど、でも、教えてしまう。

鴨ローストをアテに一杯。
チーズの味噌漬けをアテに一杯。
お蕎麦4種盛をアテに・・・。

最後はそば湯をいただいて、ごちそうさまでした。

④中野ビール工房

中野には立ち飲み屋さんもけっこうあるのです。
ここは、自家製ビールを出してくれる立ち飲み屋さん。
ドリンクフード全品500円のキャッシュオンスタイルだから、
ふらりと入ってちょっと引っ掛けて出るにはちょうど良いお店。

お店の奥にビールをまさしく作っている樽があって、
サーバーにも「○月×日にあけた樽です」みたいなのが書いてある。

ビール好きは0次会にぜひ。

⑤BRICK

最後は、知る人ぞ知る、中野の名店BRICKです。
古き良き大衆酒barといいますか。
ダンディなバーテンダーさんがいて、おいしいウイスキーを出してくれるのです。

original

ちょっと飲み足りない、じんわり味わいたい、ただただ良い空間で良い時間を過ごしたい。
そんな時にオススメなお店。

キスチョコをおともに飲むのが至高です。

お引っ越し先でも、おいしいお店を見つけるのが楽しみです。
グルメな思い出は続く〜。

te(シ)

塩レモン漬けました

靴を買いに、セールまっただ中の新宿へ。
いくつか 欲しい物が見つかったのに、もうサイズがなかったり、そもそも作られてなかったり。
小さいサイズもっと作ってほしいなあ…としょんぼり帰ってきました。

気晴らしに つくり置き料理のmookを買いました。

塩レモン

一番簡単そうな塩レモンに挑戦。
塩レモンはモロッコ辺りでよく使われる調味料で、刻んでサラダにのせたり、
納豆などくせのある食べ物にも良く合うそうです。

食べられるようになるのは、漬けてから一週間後。
どんな味がするのか楽しみです。 

te (サ)

黄金色のシュワシュワする美味しいヤツ@神田

先週末は神田で用事があったので、
気になっていたお店に寄り道。

地ビールハウス 蔵くら

IMG_3197

神田駅から歩いてすぐ。
日本各地のクラフトビールが飲める、なんともオトナの雰囲気漂うお店。

IMG_0625
コースターがかわいい。

IMG_0626
レモンの香りが爽やかな湘南ビールを注文。
種類もたくさんあって、店員さんの説明もとても親切で、どれも飲みたくなっちゃう。
店内のムーディーな雰囲気が更にビールの色を輝かせるのでした。 

ちなみに、フードは鶏わさがものすごーく美味しかったです。
鮮度を大切にしているので、1時間以内に食べなきゃなのです。
鶏わさ、本当におすすめ。ぜひ。

ちなみにこちらのお店、
ことりっぷ山手線さんぽにも掲載されています。
IMG_0650IMG_0631
それでずっと気になっていて、とうとう行ってみたのでした。

te(シ)

Calendar 2015

また、ヒグジムは、かわいいものを作ってしまいました。

image-18

名刺サイズの、小ぶりでささやかな卓上カレンダー。 

ちなみに1月は
image-19
こんな感じ。

毎月めくるのが楽しみなカレンダーです。
しばらくの間、私と出会った方たちはプレゼントされるので、楽しみにしていて下さいねoowarai

te(シ)

最近パンダをよく食べる。

IMG_0501

IMG_0596

IMG_0591

IMG_0607

おいしかったです。
ごちそうさまでした。

te(シ)

ヒグまを彫ったよ

2014年12月某日。
シホサトウは、彫刻刀を握りました。

IMG_0147

ヒグまを、彫りました。 

消しゴムはんこ用のゴム板が100円ショップで売っていて、
表面の青い部分のゴム版を削ると、白い面が出てくるから、
それを使うと簡単に彫り彫りできるのですー。

だいぶきれいに彫れたと思いませんか?
えっへっへー。

そしてこのヒグまスタンプ、こうなりました。

IMG_3306

ヒグジムの年賀状で活躍してみました。

彫った自分が言うのもなんですが、
なかなか良い感じに彫れたので、
早く皆様にこの年賀状が届いてほしくて
新年が楽しみで仕方なかったのはここだけの話。
えっへっへー。 

coffeecoffeecoffeecoffeecoffeecoffeecoffeecoffee

そして、
遅ればせながら、新年のご挨拶。

新年あけましておめでとうございます。 

今年もたくさんのかわいいをみなさまにお届けできるよう
ヒグジム一同いろいろとチャレンジしていきますので、
どうぞ2015年もヒグジムをよろしくお願い致します。

te(シ)

ページTOP