ヒグま日記

2010年も終わりですね

お久しぶりです。

また、日記をサボって1週間ほど穴をあけてしまった、ヒグジム代表の(ひ)です。

早いもので、2010年も年の瀬、ヒグジムの営業も本日までです。

今年は景気が依然として低迷し、ほとんど良いことのない一年でしたが、

それでもやっぱり年の瀬は忙しいもので、

ヒグジムのメンバーも来年に出る新しいガイドブックのデザインや、

以前に出たもののリニューアル作業で毎日を追われています。

広告制作が主流だったはずなのに、

最近はすっかり仕事も様変わりしている感がありますzo_zoh

ヒグジムの今年最大の話題と言えば、

クリエイティブなお手伝い担当(一般的には「営業」ですね)の(ま)の加入oowarai

新しいお客さまもいくつか見つけてきてくれて、

最年少で一番小さい(カラダも!?)ながら、毎日明るい笑顔でがんばってくれていますcat

個人的には例年のごとく、酒と芝居と落語の日々でした。

劇場やホールや映画館に行った回数は110回ikari

印象に残っている芝居は、16年ぶりの奇跡の復活上演「上海バンスキング」や

「裏切りの街」「ザ・キャラクター」「ハーパー・リーガン」

そして、この年末に来て観た2作品「ジャンヌ・ダルク」と「黴菌」でした。

特に「ジャンヌ・ダルク」は堀北真希ちゃんの初舞台が功を奏した作品。

初日と千秋楽の2度観ましたが、清々しい好演でした。

「黴菌」は、大好きなケラさんの作品。

ケラさんの中でも傑作の部類に入る見事な作品だと感動しました(仲村トオルさんの怪演がツボ)。

バレエでは、なんと言っても11月の奇跡の響宴!!

中でもズービン・メータ指揮イスラエル・フィルハーモニー交響楽団と

モーリス・ベジャールバレエ団の「愛が私に語りかけるもの」は、

ここ数年観たバレエの中でも出色の鳥肌ものでした。

落語は、今年はもう立川談春さんに尽きる一年。

9月に神奈川県立音楽堂で聴いた「居残り佐平次」と

12月のよみうりホールの「文七元結」は、非常に高いレベルの感動でした。

というわけで今年も終わり。

ヒグま日記も本年最後です。

みなさんにとってこの一年はどんな年になりましたでしょうか。

来年こそもっとステキな年になることを、切に願って、

良いお年をお迎えください。

サザンカの咲く季節になりました

サザンカの咲く季節になりました

ページTOP